選べる3種類のブランド

イオンカードで利用できる大まかなサービスについて説明をしてきましたが、いよいよそれらのサービスの詳細について説明していきます。まず、ご案内したいのは、イオンのクレジットカードです。クレジットカードにはショッピングモールで発行されているものや銀行で発行されるものなど、さまざまなものがありますが、全てのクレジットカードはある特定のブランドに別れます。

クレジットカードの隅に何かマークがついていると思いますが、そのマークのブランドが例えば「VISA」であったり「JCB」であったりと、基本的には数種類のブランドに全てのクレジットカードが分類されます。 イオンのクレジットカードでは、発行の際に「JCB」「VISA」「Master Card」の3種類のうちから選ぶ事ができ、それぞれイオンカードの右下にブランドマークが記載されます。


海外でも使える

これらは国際ブランドともいわれており、日本国内のみならず、クレジットカードが利用できる全世界のお店でクレジットカードを利用することができます。つまり、クレジットカードを持っていればいちいち日本円を外国の通貨に換える必要もなく、カード一枚で会計ができてしまうのです。

イオンのクレジットカードも、当然国際ブランドがついていますから、イオンのショッピングモールだけではなく、国内全てのクレジットカード利用可能店舗や海外でも利用できます。その他に、クレジットカードで公共料金を支払ったりする事も可能です。



キャッシングの金利は借りた金額によって変わる

キャッシングの金利は借りた金額によって変わるのが普通のパターンです。



少額しか借りていないと利子は高くなりますし、多いと利息は低くなります。



そのため、複数から少し借りるより、一つのところからまとめて借入れた方が損になりません。
キャッシングとカードローンは同様にATMで借入れができて違いが理解しにくいですが、返済方法がちがうのです。キャッシングは一括払いが常識で、カードローンは分割払いが当たり前とされています。ですが、ここ最近ではキャッシングでも分割やリボ払いが選択可能なところもありますので、しっかりとした境界線が少しずつ減ってきています。
法律を遵守している消費者金融では、担保が無いかわりに絶対審査を受ける必要がありますので、無審査でお金を貸してくれるところは全く存在しません。

都会の街の消費者金融の看板の中には、担保なし、無審査で貸しますと書かれている広告もありますが、これは違法な金融業なので、お金を借り入れてしまったら、違法な額の金利を請求されるため、お金を借りないようにして下さい。

借入を利用したものの、返済が不可能になったら債務整理の対象になります。



債務整理をしている期間中はお金を借りられない状態となるため、いろいろな行動が不可能になります。不便な思いをすることになるかも知れませんが、この状態はどうしようもないものだと理解して頂戴。キャッシングは借り換えが自由にできる点も一つの長所といえます。
仮に、いい条件で借りることができる所があるなら、その会社からお金を貸してもらって、前の会社からの借金を返済すればOKです。
こうして借り換えを利用すれば、よりよい条件で利用可能なこともあります。

先日、当日のうちにキャッシングしてほしいなと思って、スマホからキャッシングの申し込みをしました。モバイル機器から申し込んだら、手続きがスムーズになるので、借入れ金が口座に入るまでの時間がすこぶる短縮になるからです。そのため、ごく短時間で、入金してもらえたのです。


お金を借りるためには審査があって、それをパスしないと借金する事はできないのです。消費者金融それぞれで審査の仕方は異なるので一様にどういった事に神経を注げば通過しやすいかというのは言えませんが、年収が大変関係しています。



キャッシングの審査で残念ながらダメだっ立という人でも審査をもう一度してくれるなどの制度があるようです。
このシステムさえあれば一度審査に通れなくてももう一度、審査を受けられるため、借入するチャンスが増えるので、喜ぶ人も多いでしょう。